バレンタインは手作り?市販品?渡し方やタイミングは

2月14日バレンタインデーですね、女性から男性へチョコレートを贈るというイベント、お菓子メイカーの商品戦略で広まった(諸説あります)とされていますが、いいんじゃないでしょうか思いっきりのっかって楽しんじゃいましょう(笑)

近頃では本命、義理、友、自分や手作りだの高級なお店だの大変になってきていますし、渡す側も大変みたいなのですが受け取る側も色々あるみたいなんですね。

そんなバレンタインを少しリサーチ?していこうと思います。

手作り? 市販品?

義理や友なら市販品が良いです、しこもそんなに高くないものが好まれますね、あまり高いものだとお返しのことを男性陣は考えてしまいます。

付き合っている女性からもらうなら手作りチョコでいいのですが、あまり親しくない人からの手作りチョコは考えちゃう男性は結構いるんですよね、そういう場合は市販品のチョコがよい、仲が良く付き合っているのか?付き合ってないのか?の場合は手作りがいいような気がしますね。

衛生面を気にする方もいますので、昔貰ったチョコレートでお腹を壊したことがトラウマになっているみたいですね。

まだ付き合っていないのでば市販のチョコレートがいいみたいですね、うまくきお付き合いするようになれば来年のバレンタインデーなんかに手作りチョコはものすごくうれしいですよね。

相手によりますので渡す相手のことを考えて選んでください。

予算

 100円から1000円ぐらいの幅があります、義理チョコで平均500円ぐらいに抑えている感じなんでしょうか、確かに渡す人が多いと結構な出費になってしまいますので、チームや部署で一箱というような渡し方や女性連名の渡し方が多くなってきているのではないでしょうか。

本命でも1000円~3000円が多いみたいですが、2000円以内で考えるのが一般的らしいですね。

高級なチョコレート自分チョコになるようです。やはり自分へのご褒美が一番でしょう。

確かにあまり高級なものを頂いてしまうと、お返しのことを考えてしまいますね(笑)

値段ではなく気持ちのほうが大事ではないんでしょうか?

 

 

渡し方

女性から行動するイベントなので、自信をもって当たって砕けてください(砕けてはダメですか)(笑)

どうしょうか迷っているのであれば、行動したほうがいいですよ、どんな結果になっても自分LEVELが一つ上がります。(笑)

メッセージカードや手紙を一緒に添えてるとはポイント高めです、今はSNSですぐに連絡しあえるので、このタイミングで手書きは新鮮です。

 

義理の場合は、勘違いだけは避けてください、男性は勘違いしやすいのでハッキリ区別しないと、お互いに気まずくなってしまいますので後々の仕事や学校生活に支障がでることもあります。

渡すタイミング

義理はみんながいる前で渡すのが良いんじゃないですか、

なんといっても帰りや一人になったところで渡すのが良いですよ。帰りの時間はわかりませんよね、その時だけはストカーになっちゃいましょう(笑)

反対に朝なんかもタイミングとしてはありみたいですね。

男性はなんだかんだ言って照れてしまいますので誰かがいると、うれしいくせに憎まれ口を言ったりしますので一人になるのを待ちましょう

忙しい時や誰かと一緒にいるときは避けたほうがいいですよ。タイミングが無ければ無理せず、明日改めて渡すのもいいんじゃないですかね。

まとめ

ちょっとリサーチしたらこんな感じになってしまったのですが、(リサーチ数が足りないのかもしれませんが)

なんだかんだ言っても義理だろうが、友だろうが、男性は貰えると嬉しんですよね、しかも、貰えると大体の人は思っているみたいですね。

 年に1回のバレンタインデー女性の方々はおもぃつきり楽しんでください、男性陣は期待を込めて待つしかありません。

 

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。 

 

 

バレンタイン
スポンサーリンク
シェアする
いつでも たちどまろう。

コメント